医療法人明和会 宮田眼科病院(宮崎県都城市)・鹿児島宮田眼科(鹿児島県鹿児島市)WEBサイト 診療科目:レーシック,近視矯正手術,白内障,緑内障等。

当院の特徴

医療サービス・医療環境も最高水準を目指します

移植手術

当院では、国内提供のみならず、海外提供角膜による角膜移植手術を行っております。海外提供の角膜の場合、移植希望の患者様を長くお待たせすることも無く、当院での移植希望登録の後、約2~3ヶ月以内に角膜移植手術が受けられます。
 疾患に応じて、以下のように多様な手術術式を行っております。

全層角膜移植術

角膜全層を取り換える術式です。病変が角膜全層に及ぶ疾患も治療可能です。

角膜パーツ移植(角膜内皮移植術・深層層状角膜移植術)

疾患により障害されている部分だけを移植する術式で、合併症の少ない方法です。角膜内皮細胞が障害されている疾患に対しては角膜内皮移植術、角膜実質のみ障害されている疾患には深層層状角膜移植術を行っており、良好な成績が得られています。

羊膜移植術

角膜穿孔など緊急を要する疾患に対して、保存羊膜による移植手術を行っております。また、再発翼状片、アルカリ外傷など重篤な疾患に対して、角膜輪部移植を併用した前眼部再建手術も行っております。

人工角膜移植術

複数回の移植片不全例など通常の角膜移植で良好な結果が期待できないような症例には、人工角膜BOSTON KERATOPROSTHESIS type Ⅰの移植を行っています。
2017年度 全層角膜移植 角膜内皮移植 深層層状角膜移植 羊膜・輪部移植
手術実績 7件 21件 1件 10件 39件

全層角膜移植術後

角膜内皮移植術後

日帰り手術

宮田眼科病院及び、鹿児島宮田眼科の両院にて、日帰り手術を行っております。

  • 屈折矯正手術 (LASIKは都城のみ・ICL)
  • 白内障
  • 外眼部手術
  • 硝子体手術

日帰り手術患者様専用安静室

研究室・角膜センター

当院では1996年に、他院に類をみない研究室・角膜センターを設置いたしました。研究室は、バイオセーフティーレベルに応じてP1およびP2研究室の二部屋に分かれています。

P1研究室

病理・組織学的検査、研究を中心に行っております。2003年より透過型・走査型の両電子顕微鏡を導入し、マクロからミクロまでの研究が可能になりました。また、臨床検体の処理も行っており、患者への診断にも一役かっております。

P2研究室

P2研究室では、眼組織から分離・培養した細胞を用いた研究を行っております。またP2レベルという特殊な環境を生かした、分子生物学的研究も行っており、遺伝子レベルでの研究や病態解明も同時進行中です。

角膜センター

併設している角膜センターでは、緊急の際にも角膜移植術を行えるよう、国内の提供角膜のみならず、米国からの海外提供ヒト角膜の管理・保管を行っております。

図1

図2

図3

フィブロネクチン・血清点眼液およびPRP点眼液の作成

角膜疾患の治療に有効とされているフィブロネクチン・血清点眼液を患者様本人の血液から清潔操作下で作成しています。また創傷治癒促進効果を持つ、多血小板血漿(Platelet Rich Plasma:PRP)を点眼液として使用し、その有効性を報告しています。


フィブロネクチン生成装置

蛍光顕微鏡検査

角膜真菌症やヘルペス性角膜炎の検査に蛍光顕微鏡を用い、正確かつ迅速な診断を行っています。


蛍光顕微鏡で観察された真菌

安心してレーシックを受けていただくための正しい情報を提供する
全国の眼科クリニック・大学病院等のネットワークです。

Copyright © Miyata Eye Hospital. All rights reserved.