医療法人明和会 宮田眼科病院(宮崎県都城市)・鹿児島宮田眼科(鹿児島県鹿児島市)WEBサイト 診療科目:レーシック,近視矯正手術,白内障,緑内障等。

白内障

疾患

白内障とは眼の中にある水晶体が濁る病気で、瞳が白く濁ってみえるため白内障と言われています。白内障の原因の多くは老化現象によるものですが、他の疾患に合併して起こる白内障もあります。

症状

水晶体が濁ることによって、視力が低下し、物が霞んで見えたり、明るい所だと眩しすぎて見えにくい、物がぼけて二重・三重に見えるなどの症状があります。単純に白内障だけでは痛みや充血はありません。

治療

軽度で視力に影響のない場合は、点眼薬や内服薬による進行予防を行います。白内障が進行し、視力が低下してくると薬物での回復は不可能で、手術以外に視力を回復する方法はありません。手術の時期に関しては日常生活に不自由さを感じるようになった頃が適してると思われます。白内障は加齢に従い発症するため身近な病気といえますが、症状が進行するにつれて、緑内障やぶどう膜炎の疾患が併発する可能性もあり、治療に関しての自己判断は危険なこともあります。定期的に専門医の診察を受け、適切な治療・アドバイスを受けてください。

担当ドクターより

白内障は上記の様に水晶体が混濁する病気で、以前は「しろそこひ」とも呼ばれていました。白内障の原因は加齢によるものが最も多く、これ以外には糖尿病など全身の病気に併発する場合やステロイドなどの薬物が原因となることもあります。
治療法として薬物療法、もしくは手術療法があります。どちらの治療法を選択するかは患者様とご相談の上決定していきます。
ただし日常生活に不自由さを感じられるような場合には、手術療法をお勧めする場合もあります。
手術療法は技術・手技の発達などにより以前に比べ、安全に行うことができるようになってきています。
「見え方がおかしい」、「ものが霞んで見える」といったような症状がある場合は早めにご相談ください。

安心してレーシックを受けていただくための正しい情報を提供する
全国の眼科クリニック・大学病院等のネットワークです。

Copyright © Miyata Eye Hospital. All rights reserved.