医療法人明和会 宮田眼科病院(宮崎県都城市)・鹿児島宮田眼科(鹿児島県鹿児島市)WEBサイト 診療科目:レーシック,近視矯正手術,白内障,緑内障等。

シアノアクリレート(生体接着剤)を角膜穿孔の治療に使用した症例の報告

【研究課題名】
 シアノアクリレート(生体接着剤)を角膜穿孔の治療に使用した症例の報告

 

【研究機関】
医療法人明和会(宮田眼科病院・鹿児島宮田眼科)

 

【研究責任者】
 医療法人明和会 理事長 宮田 和典

 

【研究の目的】
 過去に医療法人明和会(宮田眼科病院・鹿児島宮田眼科)の外来に通院された患者さんのうち、保存的加療で角膜穿孔が治癒しなかった症例に対し、シアノアクリレート(生体接着剤)を用いて角膜瘻孔閉鎖術を行った症例の診療録(カルテ)の情報を収集し、その治療経過を調査することに致しました。角膜穿孔は失明や重篤な視力障害を来す疾患であり、その原因として外傷や感染症、自己免疫性疾患等が挙げられます。生体接着剤は組織や切断された臓器を接着・被膜する用途で様々な領域で使用されており、今回、生体接着剤であるシアノアクリレートを角膜穿孔の治療に使用した症例を検討致します。この調査結果は、今後の角膜穿孔症例に対し、シアノアクリレートを用いた治療の参考になることが期待されます。

 

【研究の方法】
 (対象となる患者さん)2018年1月から2020年1月までに宮田眼科病院・鹿児島宮田眼科を受診された患者さんのうち、シアノアクリレート(生体接着剤)を用いて角膜瘻孔閉鎖術を行った患者さんを対象としています。
 (利用するカルテ情報)性別、年齢、病名、視力、角膜の厚さ
 (利用する試料)なし

 

【個人情報の取扱い】
 収集した試料・情報は、氏名、住所等、患者さんを直接特定できる情報を除いて匿名化いたします。個人を特定できるような情報が外に漏れることはありません。また、研究結果は学術雑誌や学会等で発表される予定ですが、発表内容に個人を特定できる情報は一切含まれません。

試料管理責任者  宮田眼科病院 研究室長 岩崎 琢也
情報管理責任者  宮田眼科病院 院長   宮田 和典
 

さらに詳しい本研究の内容をお知りになりたい場合は、【お問い合わせ先】までご連絡ください。他の患者さまの個人情報の保護、および、知的財産の保護等に支障がない範囲でお答えいたします。 

【お問い合わせ先】
 宮田眼科病院
お問い合わせはメール、FAX、電話でお願い致します。
TEL 0986-22-1441
FAX 0986-24-2174
メール問い合わせは以下のURLから問い合わせ用フォームでご連絡ください。
http://www.miyata-med.ne.jp/contact/


安心してレーシックを受けていただくための正しい情報を提供する
全国の眼科クリニック・大学病院等のネットワークです。

Copyright © Miyata Eye Hospital. All rights reserved.