医療法人明和会 宮田眼科病院(宮崎県都城市)・鹿児島宮田眼科(鹿児島県鹿児島市)WEBサイト 診療科目:レーシック,近視矯正手術,白内障,緑内障等。

コンタクトレンズの不適切な使用による重篤な眼障害に関する調査

【研究課題名】
 コンタクトレンズの不適切な使用による重篤な眼障害に関する調査

 

【研究機関】

 医療法人明和会 宮田眼科病院

 

【研究責任者】

 子島 良平

 

【研究の対象】
 2016年4月1日から2018年3月31日の2年間に当院を初診または治療を開始した症例のうちコンタクトレンズによる重篤な眼障害を生じた症例を対象としています。
 
【研究の目的・方法】
 コンタクトレンズの不適切な使用による重篤な眼障害について日本コンタクトレンズ学会、日本角膜学会、日本角膜移植学会、日本眼感染症学会の合同調査委員会を立ち上げ、全国の眼科診療施設を対象とした患者数調査を行います。この研究は大阪大学医学部附属病院の倫理審査委員会で審査を受け大阪大学医学部付属病院の病院長および当院院長が許可した上で実施しています。
 
【研究に用いる試料・情報の種類】
 年齢、性別や、コンタクトレンズに関する情報(装用歴、レンズの種類、レンズの名前、レンズケア方法など)、症例の臨床所見と経過(視力、治療内容、治療経過など)、細菌学的検査の結果などです。
 
【研究組織】
 (研究代表者)日本コンタクトレンズ学会会長、大阪大学大学院医学系研究科 眼科 西田幸二
  コンタクトレンズの不適切な使用による重篤な眼障害合同調査委員会
  (日本コンタクトレンズ学会、日本角膜移植学会、日本眼感染症学会、日本角膜学会)
 
【個人情報の取り扱い】
 患者様の個人情報は、研究実施施設内で研究用の管理番号に置き換えるなどによって匿名化して管理します。また、研究実施施設以外に漏れることがない様に十分配慮します。匿名化のための対応表は、研究実施医療機関で厳重に管理され、この研究のデータセンターである日本コンタクトレンズ学会事務局へデータを提供するときには、特定の関係者以外がアクセスできない状態で管理します。

試料管理責任者  宮田眼科病院 研究室長 岩崎琢也
情報管理責任者  宮田眼科病院 院長   宮田和典

さらに詳しい本研究の内容をお知りになりたい場合は、【お問い合わせ先】までご連絡ください。他の患者さんの個人情報の保護、および、知的財産の保護等に支障がない範囲でお答えいたします。

【お問い合わせ先】
宮田眼科病院
お問い合わせはメール、FAX、電話でお願い致します。
TEL 0986-22-1441
FAX 0986-24-2174
メール問い合わせは以下のURLから問い合わせ用フォームでご連絡ください。
http://www.miyata-med.ne.jp/contact/

安心してレーシックを受けていただくための正しい情報を提供する
全国の眼科クリニック・大学病院等のネットワークです。

Copyright © Miyata Eye Hospital. All rights reserved.